只今全国行脚中:クリアトークカム営業担当からの近況報告

みなさまお久しぶりです
最近のクリアトークカムは、嬉しい事に全国各地に商談にうかがう日々が続いています。そこで今日は、各地の企業様からどのようなご相談をいただいているのか、簡単ですが近況をご報告したいと思います。
クリアトークカムが多数の業界から注目をいただいていることや、が少しでも伝われば幸いです。

製造・メーカー

2fd64498e_m

まず、大手半導体メーカーにクリアトークカムを導入をいたしました。工場見学時のVIP対応等に使用されるそうです。また、某大手自動車メーカーからも引き合いをいただいております。工場見学と生産ラインでの使用を検討中とのこと。

現在こういった工場見学の案件が増えつつあります。本サイトの開発ポリシーにもありますが、クリアトークカム開発のきっかけは”工場の騒音による難聴をどうにかしたい”と考えたところからなので、こうして工場でのご活用が増えるのはとても嬉しいですね。

その他、某大手食品会社からはランニングコストが発生する構内PHSの替りに、クリアトークカムを使用したいとのお話もいただいています。

医療

6d30427_m
医療業界の方々は、すでにPHSや簡易型インカムを導入しているといったところが多いのですが、それらに替わるコミュニケーションツールをとして、クリアトークカムを活用出来ないかというご相談を多数いただきました。

埼玉県某総合病院は、PHSより即時性のあるもので患者様のご案内を行いたいとのこと。
宮崎県某総合病院からは、外来病棟でPHSに替わるコミュニケーションツールとして活用したいとご相談いただきました。
さらに高知県某総合病院では、カテーテル手術時の対応で活用したいとのお話もありました。院内における通信に関しては全く問題なく、既に使用されていた簡易型インカムでは混信が多すぎて会話がまともに出来ないそうです。
クリアトークカムが使用する5GHZ帯域に関しては、医療機器に影響を与えないという研究結果も出ています。

その他、長野県某総合病院でも、カテーテル手術で使用されたいとのご相談をいただきました。今後は眼科医院でのご相談を予定しています。

また、11月12日(水)~14日(金)からは医療機器のイベント「HOSPEX2014(ホスペックス)」にも出展します。従来のクリアトークカムに加え、クリアトークカムとヘッドマウントディスプレイを連携させた「デジタルコミュニケーター」のご紹介もあります。こちらは医療現場に特化したセットになっています。
詳細については後日こちらのブログでもご紹介する予定ですが、
ぜひ現物を見にHOSPEX2014のティービーアイブースへご来場下さい。

※HOSPEX2014会場:東京ビッグサイト・東ホール ブースNO. 5P-12
HP:http://www.jma.or.jp/hospex/ja/top/iryou.html

接客

ae76b4_m

接客業は、まず六本木飲食店において導入予定となっています。現在スタッフのやりとりなどを盗聴され、店舗運営などに支障をきたしているようです。
個人情報の扱いがメインでない職種の場合も、セキュリティは重要です。クリアトークカムは盗聴が難しいシステムになっているので、安心してご活用いただけいます。

また、都内某高級ホテルへの導入も進んでいます。パーティー会場とロビーをつなげての使用とのこと。
突発的なトラブルにも臨機応変に対応するホテルスタッフにとって、普段からスタッフ間のコミュニケーションをスムーズにしておくことはとても大切なことですよね。また、広い敷地内を頻繁に移動しているスタッフにとって、軽量なクリアトークカムは身体の負担を少しでも小さくしてくれるものだと思います。

< まとめ >

以上、最近ご相談をいただいた案件のご紹介でした。
業界ごとにニーズは様々ですが、今後もみなさまが日々困っていること・もっと良くしたいことを聞かせていただきたいと思っています。
今回ご紹介した案件と同じ悩みを抱えている、または「こんな使い方は出来る?」などの相談をしたいという企業様・医院様がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。