セキュリティショー2016に出展します

東京ビッグサイトで開催される国内最大級のセキュリティ総合展「SECURITY SHOW(セキュリティショー)2016」に、クリアトークカムが出展します。


開催日:2016年3月8日(火)~11(金)の4日間
時間:10:00-17:00 ※最終日は16:30まで
場所:東京ビッグサイト 東展示棟 [ ブースNo. SS3423 ]
公式HP:https://messe.nikkei.co.jp/ss/


クリアトークカムは、株式会社ティービーアイのブース内に出展・展示いたします。
当日の会場は人の声や音楽があふれ、たいへん賑やかな環境となっておりますので、本製品の特長である「クリアな音質」を試していただくには絶好の機会です。
機能やコスト効率・導入後のサポートなど気になる点やご相談がございましたら、お気軽にお声掛けください。担当スタッフが詳細を具体的に説明させていただきます。

 

また、webサイトにて導入事例をご紹介しております。実際に導入いただいているお客様の現場での使用感やメリットの実感など、ご参考いただけるかと思います。こちらも是非ご覧ください。
導入事例はこちら

 

クリアトークカムには、スタンダードな運営方法に加え、ナースコールと連動など、医療・福祉の現場に特化したサービスもございます。(詳しくはこちら
当日は展示にて、クリアトークカムの利用シーンが拡がる、新たなサービスのご紹介も行う予定です。
皆様のご来場をお待ちしています!

 

▽昨年の様子

05125518 05144224

post

国際モダンホスピタルショウ2015に出展しました

mhs2015_logo

 

2015年7月15日(水)~17日(金)、東京ビッグサイトにて開催された医療・福祉関連製品・サービスの大型展示会「モダンホスピタルショウ」に出展いたしました。

 

15102549

07141653115115214

今回のメインとなる訴求ポイントはこちら。

 

14175757

 

壁面に大きく書かれた、医療現場における『診察環境』と『労働環境』の問題点。「ドクターにすぐ確認したい」「診察中のトラブルに迅速に対応したい」「受付とうまく連携したい」など、医療業界によくある問題点を挙げています。

たくさんの患者様が来院する医療現場では、多くの人が行き交い、多くの情報が飛び交います。その「人」と「情報」を上手く整理して効率的に業務を進めたいところですが、実際はその仕組が整っていない医院がほとんどではないでしょうか。近年多くなってきた病室・診察室の「個室化」により、情報を共有しづらい、状況が見えにくいといった点も効率的にならない要因になっています。
また、現場の労働環境もまだまだ最適とは言えません。働きにくさはストレスになりますし、仕事の精度にも影響してきます。

これらの問題点はクリアトークカムを活用することで改善させることができます。
クリアトークカムが誇る圧倒的な高音質をはじめ、wi-fiによる通信の安定性やグループ通話が可能なことなど、数ある魅力が、医療現場のさまざまな問題点を改善する上で非常に役立つものになっております。

実際、導入していただいたお客様から、業務上の悩みが改善された!という嬉しい声をいくつもいただいております。クリアトークカムの使い心地などに関してインタビューさせていただいた様子を、会場でもご紹介いたしました。是非御覧ください。

 

また、ブース内では医療現場に特化したヘッドマウントディスプレイの「デジタルコミュニケーター」も展示いたしました。主に手術の場面で、執刀医の視点を他のスタッフも見ることができ、インカムとセットで使用することで、状況の確認をしながらの補助や、指導医からの指示出しが可能になります。

14175632HOSPEX2014-prz20141110b

今回のイベントでも多くの医療現場の方々に、実際に機器を手にとり試していただきました。皆様クリアトークカムの高性能さを実感していただき、大変嬉しく思います。今使っているトランシーバーや医療用PHSにご不満がある方には是非、クリアトークカムをお試しいただきたいです。

また、クリアトークカムはインカムとしての機能だけでなく、上記のデジタルコミュニケーターや、新しく開発中のナースコールとの連携など、外部機器との連携システムもご提案しております。
今後もクリアトークカムにご期待ください!

 

※インタビューにご協力いただいたアイム歯科クリニック様宗像靖彦クリニック様
ありがとうございました!

国際モダンホスピタルショウ2015に出展いたします

セット~スタンダード~切り抜き_02

東京ビッグサイトで開催される医療・看護の大型展示会「国際モダンホスピタルショウ2015」に、クリアトークカムが出展します。

■国際モダンホスピタルショウとは
病院や保健・医療・福祉分野における質の向上、充実に役立つ機器、製品、システム、サービスなどを幅広く展示し、最新情報の発信および情報交流の場とすることを目的とした、大型商業展示イベントです。


開催日:2015年7月15日(水)~17日(金) 10:00~17:00
場所:東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東展示棟/会議棟
クリアトークカム出展場所:東展示棟 医療機器、環境設備ゾーン B-33


■出展内容
クリアトークカムは、医療現場には欠かせないスタッフ間のコミュニケーションを、高音質なグループ通話によって最適化し、様々な業務のスピードアップと改善を行うことが可能です。
今回の展示では、クリアトークカムの開発背景や基本的な特徴をはじめ、現在医療現場で起きている問題点と、クリアトークカムによって解決できることなどについてご案内いたします。

20150630194058
          △医療現場における「診察環境」と「労働環境」の問題点

 

当日ブース内では、クリアトークカムの最大の魅力である「クリアな音」を体験していただけます。
大きい会場内、人の声や音楽などがあふれる中でどれほど声がクリアに届くのか、使い勝手の良さなども、実際に触ってみれば必ずご理解いただけるという確信があります。
是非お手にとってお試しください。
そのほかにも、医療現場に特化したヘッドマウントディスプレイの展示や、現在開発中の「ナースコール」との連携システムなどのご紹介もいたします。

また、運用方法・コスト効率など、気になることがありましたらお気軽にお声掛けください。担当スタッフが詳細を具体的に説明させていただきます。

みなさんのご来場をお待ちしています!

セキュリティショー2015に出展しました

2015年3月3日~6日の4日間、東京ビッグサイトで開催された国内最大級のセキュリティ総合展「SECURITY SHOW(セキュリティーショー)2015」に出展いたしました。

※セキュリティショー2015パンフレットはこちら

05125518

クリアトークカムが出展している株式会社ティービーアイのブースはこちら。
ブース内では5つのシチュエーションごとにコーナーを分けて展示を行いました。

tbyeybooth2015
学校や公共施設など暮らしの中の防犯対策「Life Space」、小売店における防犯対策「Retail」、食品工場などにおける安全対策「Food Defense」と、各シチュエーションごとに最適な製品を用意し、また、これらを遠隔監視する「Control Room」のコーナーも設けました。さらに、さまざまな施設での運営や警備の現場で利用できる「Wi-Fi INCOM」コーナーも設置。クリアトークカムはこの「Wi-Fi INCOM」コーナーにて展示を行いました。

05144224

こちらがWi-Fi INCOMのコーナー。持ち運びが可能な「クリアトークカムPortable」や手術などに効果的なヘッドマウントディスプレイ「デジタルコミュニケーター」、センサーなど外部入力装置と連動し任意の音声で一斉通知を行う「アシストコール」、ワイヤレスのイヤホン・ヘッドホンと接続できるBluetoothモデルなど全てのラインナップを揃えました。

10 120 portable
dgcc acciste bluetooth

※デジタルコミュニケーターについては医療業界の特集ページをご覧ください。
< クリアトークカム医療業界特集 http://cleartalkcom.net/medical.html


当コーナーはブース正面に設置された舞台の真裏に位置するので、通路からは視界に入りにくい場所でしたが、連日たくさんの方に足を運んでいただき、製品を実際に手にもって軽量感や「クリアな音質」を体感していただきました。

次回の展示会の予定などは、随時ブログにて出展のお知らせいたします。また、最新情報はfacebookでも発信していますので、ぜひ「いいね!」をお願いします。

FB-foundus

クリアトークカムPortable、セミナー・イベント会場運営基幹システムに採用いただきました。

2014 年12 月某日、東京駅周辺の某証券会社様のホールにて、ベンチャー企業と支援者を繋ぐイベント「innovation weekend Grand Final 2014」が8時間にわたり開催され、その進行運営にクリアトークカムPortable を採用いただきました。

_DSC0908
(△イベントの様子)

会場の広さは約470 ㎡、500 人規模。
今回はセミナーイベントのため、受付・進行・機材オペレーション・サポートなどの各担当がフロア内での情報共有が目的です。持ち場に配置された各担当が、たくさんのお客様やスポンサーがご来場する会場内での素早いトラブル対応のコミュニケーション機器としてシームレスなやりとりが行われ、クリアトークカムがフル稼働しました。

運営計画当初は子機(10台)・バッテリー・アンテナ1 台のセット利用で設定していましたが、ホールの壁芯の厚さから電波が廊下の途中で途切れるため、中継アンテナを追加設置する調整で、広範囲にムラなく電波を飛ばすことが可能になりました。
大きなトラブルもなくイベントは無事終了し、使っていただいた運営スタッフの皆様からは、「装着に違和感はなく、なにより音がキレイなので一度も聞き返せずに済んだ。」「真剣なムードの会場内において小声でやり取りできるのには助かった。」などの評価をいただきました。

今回のように、図面上だけでは配置の問題点や通信状態の問題、使い勝手を客様に確かめていただくためにも、デモンストレーションの受付を行っています。
インカムの導入をご検討中の方は気軽にお問い合わせください。

<お知らせ>
医療業界の方向けの特集ページができました!
病院ではどのように使えるのか、どんなメリットがあるのかなどをまとめています。
先進の技術をぜひご覧ください。
http://cleartalkcom.net/medical.html

セキュリティーショー2015に出展します

東京ビッグサイトで開催される国内最大級のセキュリティ総合展「SECURITY SHOW(セキュリティーショー)2015」に、クリアトークカムが出展します。


開催日:2015年3月3日(火)~6(金)の4日間
時間:10:00-17:00 ※最終日は16:30まで
場所:東京ビッグサイト 東展示棟 [ブースNo. SS3704]
公式HP:https://messe.nikkei.co.jp/ss/


クリアトークカムは、株式会社ティービーアイのブース内に出展・展示いたします。
製品の特長である「クリアな音質」を試していただくには、ビックサイトは最適。当日は人の声や音楽などあふれていますので、「クリアな音」を体感いただくには絶好の機会となります。
また、開発途中の新たな機能デモンストレーションも行う予定です。機能性・運用方法・コスト効率など気になることがありましたらお気軽にお声掛けください。担当スタッフが詳細を具体的に説明させていただきます。

クリアトークカムの魅力は現場力。本イベント会場で最大限に発揮されると確信しております。
皆様のご来場をお待ちしています!

▼昨年の様子
cleartalkcom_IMG_8196cleartalkcom_IMG_8207
cleartalkcom_IMG_8191
▲ティービーアイのブースでは、弊社がトータルサポートを行っているサムスンの製品(カメラ・液晶パネル)も、多数展示しています。

医療・福祉施設の展示会『HOSPEX2014』に出展いたしました。

11月12日(水)~14日(金)、東京ビッグサイトで行われた、医療・福祉施設の企業展示会「HOSPEX JAPAN2014」に参加してきました。イベント初日の様子をほんのすこしだけ、ご紹介します。

初日はあいにくの雨でしたが、イベントにはたくさんの来場者がいらしていました。
12101956

クリアトークカムのブースはこちら。
12134406

今回の出展の中心商品は、医療業界にオススメの『デジタルコミュニケーター』です。(写真左中央)
1291423

『デジタルコミュニケーター』とは、メガネ型のヘッドマウントディスプレイを使用した施術サポートセットです。例えば執刀医視点で映像を録画できたり、オペ室の外にいる指導医がリアルタイムで的確な指示を出せたり、今まで以上の情報共有を可能にします。
HOSPEX2014-prz20141110b

イベント中、ヘッドマウントディスプレイはたくさんの人に目をとめていただき、実際に装着した方々からは、「これはすごいですね!」と驚きとご好評をいただきました。以前からご紹介している音声通信機器(インカム)の方も、通話してみて「音が良いですね」といった感想を多数いただいています。
また、音や視覚的な魅力の他、クリアトークカムの基本仕様として「他の機器との混信がない」という特長があります。特にオペ室などは医療機器がたくさんある部屋ですから、混信の不安からは避けられないですよね。クリアトークカムには、ただ便利なだけでなく、安心して使っていただけるという自信があります。

ヘッドマウントディスプレイも、クリアトークカムも、実際に体験していただくことでより多くの魅力を伝えられたかと思います。2日目・3日目もいろいろな方がいらっしゃいましたが、こうしてクリアトークカムをたくさんの方々に知ってもらえる機会は、今後も大切にしていきたいですね。

来年度の3月には同じく東京ビッグサイトで開催される「SECURITY SHOW 2015」に出展します。今回は1コマでしたが、セキュリティーショーではさらにブースが広くなり、クリアトークカムの他、監視カメラなど幅広い製品をご覧頂くことが可能です。今回来られなかった方や、弊社の製品を他にも見てみたいという方は是非ご来場ください。

SECURITY SHOW 2015
2015年3月3日(火)~6日(金) 東京ビッグサイトにて
総合セキュリティゾーン/No. SS3704

改めてHOSPEX2014 クリアトークカムブースにご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。
今後もクリアトークカムをよろしくお願いいたします!

只今全国行脚中:クリアトークカム営業担当からの近況報告

みなさまお久しぶりです
最近のクリアトークカムは、嬉しい事に全国各地に商談にうかがう日々が続いています。そこで今日は、各地の企業様からどのようなご相談をいただいているのか、簡単ですが近況をご報告したいと思います。
クリアトークカムが多数の業界から注目をいただいていることや、が少しでも伝われば幸いです。

製造・メーカー

2fd64498e_m

まず、大手半導体メーカーにクリアトークカムを導入をいたしました。工場見学時のVIP対応等に使用されるそうです。また、某大手自動車メーカーからも引き合いをいただいております。工場見学と生産ラインでの使用を検討中とのこと。

現在こういった工場見学の案件が増えつつあります。本サイトの開発ポリシーにもありますが、クリアトークカム開発のきっかけは”工場の騒音による難聴をどうにかしたい”と考えたところからなので、こうして工場でのご活用が増えるのはとても嬉しいですね。

その他、某大手食品会社からはランニングコストが発生する構内PHSの替りに、クリアトークカムを使用したいとのお話もいただいています。

医療

6d30427_m
医療業界の方々は、すでにPHSや簡易型インカムを導入しているといったところが多いのですが、それらに替わるコミュニケーションツールをとして、クリアトークカムを活用出来ないかというご相談を多数いただきました。

埼玉県某総合病院は、PHSより即時性のあるもので患者様のご案内を行いたいとのこと。
宮崎県某総合病院からは、外来病棟でPHSに替わるコミュニケーションツールとして活用したいとご相談いただきました。
さらに高知県某総合病院では、カテーテル手術時の対応で活用したいとのお話もありました。院内における通信に関しては全く問題なく、既に使用されていた簡易型インカムでは混信が多すぎて会話がまともに出来ないそうです。
クリアトークカムが使用する5GHZ帯域に関しては、医療機器に影響を与えないという研究結果も出ています。

その他、長野県某総合病院でも、カテーテル手術で使用されたいとのご相談をいただきました。今後は眼科医院でのご相談を予定しています。

また、11月12日(水)~14日(金)からは医療機器のイベント「HOSPEX2014(ホスペックス)」にも出展します。従来のクリアトークカムに加え、クリアトークカムとヘッドマウントディスプレイを連携させた「デジタルコミュニケーター」のご紹介もあります。こちらは医療現場に特化したセットになっています。
詳細については後日こちらのブログでもご紹介する予定ですが、
ぜひ現物を見にHOSPEX2014のティービーアイブースへご来場下さい。

※HOSPEX2014会場:東京ビッグサイト・東ホール ブースNO. 5P-12
HP:http://www.jma.or.jp/hospex/ja/top/iryou.html

接客

ae76b4_m

接客業は、まず六本木飲食店において導入予定となっています。現在スタッフのやりとりなどを盗聴され、店舗運営などに支障をきたしているようです。
個人情報の扱いがメインでない職種の場合も、セキュリティは重要です。クリアトークカムは盗聴が難しいシステムになっているので、安心してご活用いただけいます。

また、都内某高級ホテルへの導入も進んでいます。パーティー会場とロビーをつなげての使用とのこと。
突発的なトラブルにも臨機応変に対応するホテルスタッフにとって、普段からスタッフ間のコミュニケーションをスムーズにしておくことはとても大切なことですよね。また、広い敷地内を頻繁に移動しているスタッフにとって、軽量なクリアトークカムは身体の負担を少しでも小さくしてくれるものだと思います。

< まとめ >

以上、最近ご相談をいただいた案件のご紹介でした。
業界ごとにニーズは様々ですが、今後もみなさまが日々困っていること・もっと良くしたいことを聞かせていただきたいと思っています。
今回ご紹介した案件と同じ悩みを抱えている、または「こんな使い方は出来る?」などの相談をしたいという企業様・医院様がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

post

クリアトークカムのある日常~アイム歯科クリニックさんの場合~

今回はいつもお世話になっている歯科医院「アイム歯科クリニック」様にお邪魔して、
弊社のデジタルワイヤレスインカム『クリアトークカム』を活用している様子を
見学させていただきました。

 

受付での予約対応

DSC_3559
外線の対応と内部への連絡とで忙しい受付。
インカムと受話器を交互に使うのは面倒ですよね?
アイム歯科クリニック様の受付では、外線にも内線にもクリアトークカムで対応しています。
受話器を手に取らない分両手が空くため、資料の整理やデータ入力も効率よく行えます。
 

先生は個室で治療中…

DSC_3504
院長先生は受付から30mほど離れた一番奥の個室治療室で治療中。
他のスタッフが個室に出入りすると患者さんが気にしてしまうため極力避けていますが、
すぐに伝えたいことや緊急の電話があった場合は、どうするのでしょうか?
そこはクリアトークカムの外線転送・グループ通話機能で完全カバーが可能です。
離れた個室にいても、スタッフ間で迅速な情報共有や相談が行えます。
ちなみに、クリアトークカムはデジタル通信なので、アナログトランシーバーのように
回線を合わせれば会話が聞こえてしまうということもありません。
 

リラックスできる空間

DSC_3522
小部屋が並んだ席では、先生たちが隣り合っていますが、
治療器具の音などで普段のボリュームで声をかけてもあまり聞こえません。
「少し話を聞きたいな」という時に、相手の集中を切らせないでそっと話かけられるのは、
クリアな音質が自慢のクリアトークカムならでは。
また、先生の集中力と同じくらい大事にしたいのが、患者さんの居心地の良さ。
業務連絡の会話内容が患者さんの不安要素にならないとも限りません。
耳に入る会話は極力減らして、リラックスしながら治療を受けてもらいたいですね。
 

<まとめ>

アイム歯科クリニック様の1日は、忙しくもとても穏やかな1日でした。
スタッフの方に「クリアトークカムの使い心地は?」と尋ねてみると、
「音がキレイに聞こえるから長時間使ってても不快感がないですね。」
「従来のインカム・トランシーバーより軽くてコンパクトだから、動きやすいです。」など、
嬉しいご回答いただきました。
インカムは長時間使用するケースが多いですから、ストレスを感じさせないことは大切ですよね。
その上、相手の声色がわかるほどクリアに聞こえるため、ただ会話をするだけではなく、
顔を見て話している時と同じぐらい円滑なコミュニケーションを図ることができます。

アイム歯科クリニック様では、業務効率向上はもちろん、
クリアな音質でチームの声をつなぎ、より良いチームワークを築くためのツールとして
クリアトークカムが活躍していました。

 

——————————————-

みなさんだったらどんな使い方を考えますか?
「こんな使い方はできる?」などの疑問も
お気軽にお問い合わせください。